卵子提供治療のさまざまなメリット

卵子と精子が出会う、より自然な場所に戻す卵管内移植という方法

成熟した卵子は卵巣から飛び出し、卵管の中に入ります。ここで精子と出会って受精し、細胞分裂を繰り返しながら子宮に着床するのが妊娠です。人工的に採取した卵子に精子をふりかけた受精卵を子宮に戻す方法もありますが、2つの細胞が出会うための卵管内移植はより自然妊娠に近い形と言われています。


卵管内移植のために必要な受精卵の培養方法


卵管内移植のために必要な受精卵の培養方法は3種類に分かれます。


まずGIFT法は採卵した卵子を4~6時間培養し、精子を混ぜ合わせて腹腔鏡を使い、細いチューブで卵管に戻します。この段階では受精は確認せずに戻すため、より自然な妊娠に近い形となります。


ZIFT法は顕微授精させた卵子を1日培養し、受精したのを確認してから卵管内に戻します。顕微授精とは、卵子に元気な精子を1匹人工的に注入させる方法です。あらかじめ受精が確認できるため、GIFT法よりも成功率が高くなります。


EIFT法は受精を確認し、2日目から細胞分裂を始めた受精卵を3日から4日置き、初期胚と呼ばれる状態になってから卵管内に戻します。この状態で卵管内に戻すことでより妊娠する可能性が高くなります。


どの培養方法でも、卵管内に入れるのは麻酔を使っての腹腔鏡手術になります。手術のための時間はそれほどかかりませんが、1日程度の入院が必要です。移植後14日後に尿検査などで妊娠判定を行い、受精卵がしっかり着床して妊娠しているかを確認します。


卵管内移植はどんな時に行われるか


子宮には左右に卵管がありますが、卵管内移植を行うためには少なくても片方の卵管を受精卵が通過できる状態になっていなければなりません。なかなか通れないような状態になっていては無事に着床できないからです。


人工的に受精卵を作るために女性の体から卵子を採取します。女性が高齢であったり、何らかの理由で採れた卵子の数が少ない場合や、パートナーの精子の数が少ない場合は、人工授精と卵管内移植が有効になるケースがあります。子宮に受精卵を戻す体外受精に何度か失敗している場合にも、卵管内移植の方が成功率が高いと言われています。


子宮の中は、卵管から受精卵がやってきた時に着床できるよう、子宮内膜を厚くして準備をします。この内膜の厚さが8ミリ以上が妊娠には望ましいとされています。せっかく卵管内で自然な形に近い状態で受精卵が子宮までやってきても、内膜の厚さが足りないと受精できない可能性もあるので、手術前に自分の子宮内膜の状態を医師に相談して確認しておくことも必要です。医学の力を少し借りても、少しでも自然に近い形で妊娠したい、卵管内移植はそれを叶えてくれる方法と言えるでしょう。

ABOUT

運営者
卵子ドナー・インフォメーション
掲載記事の参照元
https://f-vision.co.jp/hawaii/
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。