卵子提供治療のさまざまなメリット

あなたにも当てはまる?不妊症の原因、月経異常と排卵障害

結婚し、いざ妊娠しようと思っても、意外と簡単にはできないもの。焦りは禁物ですが、もしかしたらなかなか妊娠できないのには理由があるかもしれません。今回はその原因となる、月経異常と排卵障害についてご紹介します。


あなたの生理は大丈夫?過多月経と過少月経、月経困難症


月経の量が通常よりも多い状態を過多月経、少ない状態を過少月経と言います。どちらも不妊症の原因となるため、注意が必要です。
過多月経には、どこかに病気があって発生する器質性過多月経と通常の身体調整機構が異常をきたして発生する機能性過多月経の、大きく分けて二種類があります。


前者の、器質性の原因として最も多くみられるのが、主に子宮筋層内の平滑筋成分から発生し、女性ホルモンであるエストロゲンの働きで発育する良性筋腫である、子宮筋腫です。これは30歳以上の女性の20~30%に発生していると推測される、比較的一般的なもので、非常に小さな筋腫も含めれば、過半数の女性にあると考えられています。他にも子宮内膜増殖症や子宮内膜ポリープなども過多月経の原因となります。


また後者の、機能性の原因には性ホルモンの分泌過剰などが考えられます。過少月経の原因にも同様に、器質性と機能性があります。器質性の原因としては、結核などの炎症の後遺症などが挙げられます。一方の機能性の原因には、過多月経と同じように性ホルモンの分泌異常などが考えられます。また月経困難症と呼ばれる、いわゆる生理痛も、不妊症の兆候である場合があるので注意が必要です。


他人事じゃないかも?排卵障害


排卵がうまくいかない排卵障害もまた注意すべき症状です。なんと不妊症の約3割はこの症状が原因とも言われています。


自分では気づきづらい排卵障害ですが、検査によって診断することができます。具体的には、基礎体温を測って二相性になっているかどうかの確認、血液検査によるホルモン値の確認、エコーによる卵巣や卵胞の確認などの方法が挙げられます。


排卵障害には、排卵自体がなくなってしまう無排卵のほかにも、卵胞が育たない場合や正常に排卵されない場合など、さまざまなケースがあります。例えば、高プラクチン血症は、本来妊娠・出産時に分泌され、母乳の分泌を促す成分であるプラクチンが、普段から分泌されてしまい、排卵が無くなったり月経が止まってしまう症状です。


また排卵は黄体ホルモンと卵胞刺激ホルモンによってコントロールされていますが、そのバランスが崩れることで排卵障害が発生することがあります。さらに、特別な症状を抱えていない場合でも、太りすぎ、痩せすぎといった体形の変化によって排卵に異常が出る場合があります。きちんと受診し、自分のタイプを知ることが改善の第一歩です。

ABOUT

運営者
卵子ドナー・インフォメーション
掲載記事の参照元
https://f-vision.co.jp/san-diego/
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。